正しい知識が必要~アシナガバチの蜂の巣駆除はここからスタート~

ハチ対策は蜂の巣発見時から始まる

ベランダはハチがよく寄り付く場所の1つです。ただ寄り付くだけでなく、そこに蜂の巣を作ることもあります。ハチがベランダを好むのにはちゃんとした理由があります。ベランダは「雨風をしのぐのに適している」「直角の場所がある」など、ハチにとってこれほどとないほど蜂の巣作りに最適な環境なのです。

蜂の巣を見つけたら

蜂の巣らしきものを見かけても、不用意に近づいてはいけません。凶暴な性格を持つスズメバチはもちろん、アシナガバチやミツバチなどの比較的おとなしい性格をした種類のハチであっても襲いかかってくる可能性があるからです。大きな声を出したりハチを振り払うような行為を取ったりすると、この行為によって刺激されたハチが襲ってきます。蜂の巣らしきものを見かけたら、十分に距離を取り様子を見ましょう。その上で、以下の点を確認します。

3つの確認事項

  • 蜂の巣が作られている場所
  • 蜂の巣の大きさ
  • ハチの種類

料金の目安

蜂の巣駆除業者に駆除を依頼したとき、業者はこれらをチェックしながら料金を決めていきます。相場はアシナガバチが10,000円以上、ミツバチが8,000円以上、ススメバチが15,000円以上です。料金はかかりますが、 安全に駆除を行なってもらうことを考えるなら業者への依頼が必須です。

アシナガバチってどんなハチ?

アシナガバチの駆除に入る前に、アシナガバチの特徴や習性などについて勉強しておきましょう。そうすることで、より効果的な駆除を行なえるようになります。

アシナガバチ
よく「日本のハチは凶暴」と聞きますが、アシナガバチも凶暴な性格をしているのでしょうか
非常におとなしいハチです。アシナガバチはスズメバチに少し似た容姿を持つハチですが、スズメバチとは正反対のとてもおとなしい性格をしています。彼らや彼らの蜂の巣にいたずらをしなければ刺してくることはまずありません。
アシナガバチの針に毒はありますか?また、刺されたときの痛みはどのような感じなのでしょうか
針には毒があり、刺されたときは強い痛みを覚えます。アシナガバチの毒針の強さは、スズメバチよりやや弱い程度とされています。ただ刺されたときの痛みはスズメバチよりも強く、またアナフィラキシーショックを引き起こすこともあります。アシナガバチのハチ毒にアレルギーがあると、刺された人の約1~2割の人間が嘔吐、呼吸困難、蕁麻疹をはじめとした皮膚症状に見舞われるとされています。命を落とす危険性もあります。
もしアシナガバチに刺されてしまったらどのような対処をすればよいのでしょうか
毒を体外に出し、救急車を呼びましょう。アシナガバチに刺されてしまったら、すぐに刺された箇所を指でつまみ、毒を体外に出すようにしましょう。毒を出したら、水で洗いながら患部を冷やし、救急車が来るのを待ちましょう。一番良いのは蜂の巣に近づかないことです。仮に蜂の巣を見つけてしまっても、刺激を与えたりむやみに近づいたりしないようにしましょう。
back to top