準備を整えたら駆除開始〜アシナガバチの蜂の巣を安全に取り除く〜

時期を考える

アシナガバチの駆除を自分で行なうには、入念な準備が必要となります。ここでは、業者に頼らず自分で駆除を行なうときの準備について紹介したいと思います。

装備チェック

アシナガバチが巣作りを始めるのはだいだい5月下旬頃です。巣作りの時期に駆除、もしくは蜂の巣を再建されないための予防策を講じるのであればこの時期が望ましいと言えるでしょう。駆除を行なう際は、トラブルを起こさないためにも近隣住人に駆除する旨を前もって伝えておきましょう。

駆除を実践する

アシナガバチは毒針を持つ種類のハチです。おとなしい性格ではありますが、蜂の巣に近づいたり刺激を与えたりすることで、人を刺しに来ることもあります。そのため、駆除には防護服が必要不可欠となります。駆除には防護服以外にこれらの道具が必要です。

竹竿の先にガムテープで駆除剤を固定

準備が整ったら実践に移りましょう。作業工程を流れに沿って紹介します。

駆除剤が噴射するようにノズルを押した状態で固定

竹竿の先に駆除剤を固定し、遠隔操作ができるようにします。駆除剤の固定にはガムテープを用いましょう。竹竿が用意できなかった場合は、物干し竿を代用してもOKです。

back to top